ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。
ここから本文です。

OHKAWA NEWS バックナンバー

OHKAWA NEWS 第91号~第100号


第100号

=イベントのお知らせ=

◆アムネスティ世界人権宣言60周年記念コンサート

鬼太鼓座×OKI―和太鼓とアイヌ音楽-
(別ウィンドウが開きます) http://www.amnesty.or.jp/?concert08
迫力の和太鼓で世界を魅了する鬼太鼓座とアイヌ音楽界の風雲児OKIが初共演!

アムネスティ日本では、世界人権宣言の採択60周年を記念し、国連での採択の日にあたる12月10日にチャリティコンサートを行います。
昨年の国連での先住民族の権利宣言以来、世界的に先住民族の権利についての関心が高まる中、日本の先住民族であるアイヌの音楽にも注目が集まっています。
世界各地で平和への祈りを込めた和太鼓の演奏を行い喝采を浴びている和太鼓集団・鬼太鼓座と、アイヌ音楽を現代に復活させ国内外のロックフェスでも活躍中のOKIの初共演となるコンサートです。

■日時:2008年12月10日(水)19:00~21:00
■会場:新宿文化センター・大ホール(全席指定)
■出演者:
鬼太鼓座(和太鼓)
(別ウィンドウが開きます) http://www.ondekoza.com/
OKI(アイヌ弦楽器トンコリ)
(別ウィンドウが開きます) http://www.tonkori.com/
古澤良治郎(ドラム)
(別ウィンドウが開きます) http://www.nes-pa.com/furusawa/
Marewrew(アイヌ伝統歌ウポポ)
イーデス・ハンソン(アムネスティ日本特別顧問)
■入場料:一般4,500円/小~大学生2,000円/
団体割引(10人以上)、アムネスティ会員3500円
■主催:社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
後援:朝日新聞、新宿区、新宿文化・国際交流財団
協賛:産業能率大学/キリンホールディングス
協力:国際連合広報センター
■チケットのお申込み:
◎アムネスティ・インターナショナル日本
TEL03-3518-6777(平日10:00~19:00)
e-mail amnestypc@yahoo.co.jp
【タイトルに「12月10日コンサート申込み」、本文に氏名・住所・TEL・枚数・チケット種別を記入】
◎ぴあ
TEL0570-02-9999(Pコード303-72)
(別ウィンドウが開きます) http://ent.pia.jp/pia/event.do?eventCd=0842709
※コンサートの収益金は、アムネスティ国際事務局による世界各国の人権状況の調査・報告のために使用します。

=セミナー開催のご案内=

◆すべての人の「読みやすい」を目指して
「医薬品関係印刷物における表示のユニバーサルデザイン」セミナーのご案内

■日時:2008年12月5日(金)
■会場:株式会社 ISO研修評価機構代々木研修室
(JR代々木駅下車西口徒歩1分)
■時間:14:00~16:00
■対象:製薬会社・医療従事者の皆様
■主催:NPO法人メディア・ユニバーサル・デザイン協会
■内容:
今回のセミナーでは、製薬会社・医療従事者の方々に「MUD」の知識とその必要性についてご理解頂き、今後の医薬品の表示方法の参考や改善に役立てて頂くと共に、CSR(企業の社会的責任)の視点からも解説してまいります。
■お問合せ・お申込み:
NPO法人メディア・ユニバーサル・デザイン協会主催
「医薬品関係印刷物における表示のユニバーサルデザイン」セミナー事務局
セミナー担当;五味(ごみ)・梶原(株式会社大川印刷内)
TEL045-441-2011
mail@ohkawa-inc.co.jp
※今回は、製薬会社・医療従事者の方々が対象ですが、次回一般企業・CSR部門向けのセミナー開催を予定しております。
後日、大川ニュースでもご案内いたしますので、是非皆様ご参加下さい。


第99号

=リサイクルデザインフォーラム開催のご報告と御礼=

◆リサイクルデザインフォーラム2008
地球にやさしいリサイクルストップthe温暖化

10月26日(日)、横浜市資源リサイクル事業協同組合主催の「リサイクルデザインフォーラム2008地球にやさしいリサイクル~ストップthe温暖化~」が開催されました。
当日は、横浜市内から6,365名(子ども2,592名・大人3,773名)の方が来場されました。
親子連れの方も多く、皆様楽しんでた様子でした。弊社ブースにお立ち寄りいただいた皆様、本当にありがとうございました。今後ともイベント出展の際は告知致しますので、宜しくお願い致します。

=セミナー開催のご案内=

◆すべての人の「読みやすい」を目指して
「医薬品関係印刷物における表示のユニバーサルデザイン」セミナーのご案内

■ 日時:2008年12月5日(金)
■ 会場:株式会社 ISO研修評価機構代々木研修室
(JR代々木駅下車西口徒歩1分)
■ 時間:14:00~16:00
■ 対象:製薬会社・医療従事者の皆様
■ 主催:NPO法人メディア・ユニバーサル・デザイン協会
■ 内容:
メディア・ユニバーサル・デザイン協会(略称MUD協会)では、あらゆる印刷物等の表示について、すべての人々に読みやすいものとなるように各種セミナーを行なっております。今回のセミナーでは、製薬会社・医療従事者の方々に「MUD」の知識とその必要性についてご理解頂き、今後の医薬品の表示方法の参考や改善に役立てて頂くと共に、CSR(企業の社会的責任)の視点からも解説してまいります。
■ お問合せ・お申込み:
NPO法人メディア・ユニバーサル・デザイン協会主催
「医薬品関係印刷物における表示のユニバーサルデザイン」セミナー事務局
セミナー担当;五味(ごみ)・梶原(株式会社大川印刷内)
TEL045-441-2011
mail mail@ohkawa-inc.co.jp

=弊社オリジナルカレンダーのご案内=

◆ロングセラー「セパレートエコカレンダー 」2009年版受付中!

「セパレートエコカレンダー」好評受付中です。
今年はデザイン一新、暦部分もカラーになりさらに見やすく、使いやすく改良いたしました。メディアユニバーサルデザイン協会認定品です。
12月は注文が混み合いますので、お早めにご注文下さい。詳しくは、弊社営業までお問合せ下さいませ。


第98号

=イベントのご案内=

◆リサイクルデザインフォーラム2008
地球にやさしいリサイクルストップthe温暖化

■日時:2008年10月26日(日)
■会場:横浜港大さん橋ホール
■時間:11:00~16:00
■対象:市内在住・在学の小学生、並びにそのご家族
■内容:
1)「ストップthe温暖化生活」体験ツアー
2)子ども環境会議
3)ぬりえコーナー・工作体験コーナー
4)協賛団体ブース
5)リサイクルデザインブース
■主催:横浜市資源リサイクル事業共同組合
(別ウィンドウが開きます) http://www.recycledesign.or.jp/index.html

当日は、弊社もブース出展致します。ノンVOCインキの紹介を中心に、パネル展示を行います。
従来のインキとノンVOCインキの利きインキコーナーや、オリジナルカレンダーの紹介・販売も行います。
みなさま、是非ご来場下さい。

=フリーペーパーのご紹介=

◆『月刊リサイクルデザイン』

『月刊リサイクルデザイン』は、地球環境を守るために、これからの暮らしに欠かせない3R(リデュース、リユース、リサイクル)の考え方を広く読者に伝えることを目的に、横浜市資源リサイクル事業共同組合が発行している月刊のフリーペーパーです。さまざまな資源物のリサイクルの仕組みの解説や、3Rに関連するイベントの紹介やリポート、環境関連のエッセイなど毎月盛りだくさんの内容です。
※次号からはノンVOCインキを使用して印刷されます。また、横浜信用金庫様の全支店でも設置されるようになります。
是非お手にとってご覧下さいませ。

詳しくはこちらのホームページもご参照下さい
横浜市資源リサイクル事業共同組合
(別ウィンドウが開きます) http://www.recycledesign.or.jp/index.html

=弊社オリジナルカレンダーのご案内=

◆ロングセラー「セパレートエコカレンダー 」2009年版受付開始!

「セパレートエコカレンダー」の受付を開始しました。
おかげ様で、今年も続々とご注文を頂いております。
デザインが一新され、カラーになりさらに見やすく、使いやすくなったメディアユニバーサルデザイン協会認定品です。
50部から、1部525円にてご予約受付中です。詳しくは、弊社営業までお問合せ下さいませ。


第97号

=イベントのご案内=

◆みなとみらいサロン

「横浜の企業の社会貢献事例から考える」

■ 日時:2008年10月9日(木)
■ 会場:横浜市健康福祉総合センター9階大会議室C
(別ウィンドウが開きます) http://www.yokohamashakyo.jp/yvc/top.html
■ 時間:14:00~17:00
■ 参加費:500円(資料代+お土産代)
■ 対象:企業の社会貢献担当者及び関心のある方
■ 内容:
1)ミニトーク「社会貢献・CSRとは何か」
2)企業からの事例報告
◆日総工産株式会社経営企画本部
◆株式会社大川印刷代表取締役社長大川哲郎
3)企業と地域をつなぐ工夫
◆鶴見区社会福祉協議会事務局次長武田博美氏
4)フリーディスカッション
◆コーディネーター:
ソーシャルプロジェクト・コンサルタント平岩千代子氏
5)交流会
■ お申し込み・お問合せ先
横浜市市民活動支援センター(担当:高城様・土屋様)
〒231-0062
横浜市中区桜木町1-1-56みなとみらい21クリーンセンター5階
電話:045-223-2666 FAX:045-223-2888
■ 申込方法:
(1)氏名(2)電話番号(3)企業名・団体名(4)Eメールアドレスをご記入の上、Eメール、FAXまたはHP上の申込フォームにてお申込下さい。
Eメール:y.takajo@npo-c.city.yokohama.jp
申込フォーム:
(別ウィンドウが開きます) http://www.npo-c-city-yokohama.jp/cgi-bin/mailer/y_mail.cgi?id=IT
■ 主催:
(社福)横浜市社会福祉協議会横浜市ボランティアセンター
(別ウィンドウが開きます) http://www.yokohamashakyo.jp/yvc/
横浜市市民活動支援センター運営委員会
(別ウィンドウが開きます) http://www.npo-c-city-yokohama.jp/index.html
横浜市

=無料講座のご案内=

◆オフタイム充実宣言!新しいエコライフの流儀

■ 日時:2008年11月6日(木)18:30~20:30
■ 内容:地域のイベント・お祭をエコにする方法
講師)大川哲郎 横浜のイベントをエコにするネットワーク副会長

■ 日時:2008年11月13日(木)18:30~20:30
■ 内容:あなたがつくる“100年の住まい”
講師)二藤忠氏 NPO法人エコ住宅リサイクルバンク理事長

■ 日時:2008年11月20日(木)18:30~20:30
■ 内容:環境とお財布にやさしいお買物スタイル
講師)西沢利幸氏 協働組合伊勢佐木町商店街理事エコ商店街委員長

■ 日時:2008年11月29日(土)10:00~18:00
■ 内容:ネットの地図に描くご近所のエコスポット
講師)野崎隆志氏NPO法人BigMap理事長/
白井剛氏NPO法人流域自然研究会いるか丘陵ネットワーク事業担当

■ 会場:中区民活動センター/フィールドワーク:中区民活動センター~元町入口
~湊の見える丘公園~ワシン坂湧水~見晴台(往復コース)
(別ウィンドウが開きます) http://www.yokohamashakyo.jp/yvc/top.html
■ 参加費:無料
■ 申込方法:電話もしくはFAX・葉書・E-mailに
(1)参加希望日(複数可)(2)住所(3)氏名(フリガナ)(4)年齢(5)電話番号を明記してお申込下さい。
2008年10月23日(木)必着
申込先:中区民活動センター〒231-0021
横浜市中区日本大通34ZAIM別館1F
電話045-224-8138
FAX045-224-8343
E-mailna-katsudou@city.yokohama.jp
■ 主催:中区役所(なか区民活動センター)
(別ウィンドウが開きます) http://www.city.yokohama.jp/me/naka/renraku/ncac/

=弊社オリジナルカレンダーのご案内=

◆ロングセラー「セパレートエコカレンダー 」2009年版受付開始

毎年ご好評を頂いている、「セパレートエコカレンダー」の受付を開始しました。
2009年版はデザインを一新しました。メディアユニバーサルデザイン協会認定、カラーになり、さらに見やすく、使いやすくなりました!
ご注文は50部から、1部525円にて承ります。名入れは、初回版代サービス、送料サービス※です。(※一ヶ所一括納品沖縄・離島は別途送料を申し受けます)
御社のノベルティグッズとして、是非ご検討下さい。


第96号

=イベントのご案内=

◆三溪園タゴールウオーク開催のお知らせ

インドの詩聖ラビンドラ・タゴールは、原三渓と交流をし、3度三溪園を来園しました。そして1916年(大正5年)6月松風閣に2か月半滞在し、詩「さまよえる鳥」を詠み原三溪氏に贈りました。毎年山下公園で開催する、インドの光の祭り《ディワリ・イン・ヨコハマ》では、今年は、三溪園タゴールウオークを開催致します。タゴールが滞在した松風閣では、タゴールの詩を紹介いたします。

■ 日時:2008年10月25日(土)
■ 集合時間:10時~12時
■ 集合場所:三溪園正面入り口
■ 参加費用:500円(当日お支払いください)
(別途入園料一般500円65歳以上300円)
■ 主催:ディワリ・イン・ヨコハマ2008実行委員会
■ 企画:合同会社PiTiVi
■ お申し込み・お問合せ先
大場様
メール:to-nanirotoiro@herb.ocn.ne.jp

ディワリ・イン・ヨコハマは、10月に開催される、横浜観光コンベンションアジアンウエーブのメインイベントです。

ホームページ
(別ウィンドウが開きます) http://greenapple.jp/diwali/

皆様のご参加をお待ちしております。

◆みなとみらいサロン

「横浜の企業の社会貢献事例から考える」

■ 日時:2008年10月9日(木)
■ 会場:横浜市健康福祉総合センター9階大会議室C
(別ウィンドウが開きます) http://www.yokohamashakyo.jp/yvc/top.html
■ 時間:14:00~17:00
■ 参加費:500円(資料代+お土産代)
■ 対象:企業の社会貢献担当者及び関心のある方
■ 内容:
1)ミニトーク「社会貢献・CSRとは何か」
2)企業からの事例報告
◆日総工産株式会社経営企画本部
◆株式会社大川印刷代表取締役社長大川哲郎
3)企業と地域をつなぐ工夫
◆鶴見区社会福祉協議会事務局次長武田博美氏
4)フリーディスカッション
◆コーディネーター:
ソーシャルプロジェクト・コンサルタント平岩千代子氏
5)交流会
■ 申込方法:
(1)氏名(2)電話番号(3)企業名・団体名
(4)Eメールアドレスをご記入の上、Eメール、FAXまたはHP上の申込フォームにて下記までお申込下さい。
申込フォーム
(別ウィンドウが開きます) http://www.npo-c-city-yokohama.jp/cgi-bin/mailer/y_mail.cgi?id=IT
■ お申し込み・お問合せ先
横浜市市民活動支援センター(担当:高城様・土屋様)
〒231-0062 横浜市中区桜木町1-1-56みなとみらい21クリーンセンター5階
電話: 045-223-2666 FAX:045-223-2888
Eメール:y.takajo@npo-c.city.yokohama.jp
■ 主催:
(社福)横浜市社会福祉協議会横浜市ボランティアセンター
(別ウィンドウが開きます) http://www.yokohamashakyo.jp/yvc/
横浜市市民活動支援センター運営委員会
(別ウィンドウが開きます) http://www.npo-c-city-yokohama.jp/index.html
横浜市

◆U.P.O.C.ダイバシティ2008

U.P.O.C.ダイバシティ2008は、「ダイバシティ」という概念を基に『当たり前に生活する(働く)社会』の実現を目指し活動を行なっております。 障がい当事者と支援者(NPO、団体、家族、企業)、ボランティア『障がい者と共に生きる』をテーマに学び、体験する場を提供し、社会に対して、また次世代の障がい者に対して発信するイベントです。

■ 日時:2008年9月27日(土)
■ 会場:ベルサール神田2FA・Bホール
■ 入場:無料
■ 主催:特定非営利活動法人キャリア戦略研究機構
■ 企画・運営:株式会社ジェイブレイン

当日は、弊社もブース出展致します。弊社の取組の一例として、MUD(メディア ユニバーサル デザイン)についてご紹介致します。MUDとは、誰もが安心して使うことが出来るデザインのことです。高齢者や障がい者、子どもや外国人など全ての人にとって、見やすく使いやすいデザインです。
是非ご来場下さい。

=「夏休み親子エコパーク」のご報告=

8月18日・19日に開催された「夏休み親子エコパーク」では、2日間で2,413人の来場がありました。工作教室への参加費は、全額を森林保全への寄付金として活用されましたので報告致します。
横浜市水道局『水のふるさと道志の森基金』に85,208円が寄付されました。
弊社ブースにもご参加いただいた皆様、ありがとうございました。


第95号

=イベントのご案内=

◆町の新エネルギーシンポジウム「あなたのお庭が地球を救う」

■ 日時:2008年9月24日(水)19:00開会(18:30開場)
■ 場所:横浜市開港記念会館講堂〒231-0005横浜市中区本町1-6
■ 参加費:無料(事前登録制)
■ 主催:NPO法人横浜スタンダード推進協議会事務局
■ 後援:社団法人横浜青年会議所

私たちは未来永劫石油に頼った生活を続けていくことはできません。今から少しずつ新しいエネルギーに切り替えていくことが必要です。
庭木や街路樹の剪定枝、使い終わった天ぷら油・・・
私たちの身のまわりにある「新エネルギーの卵」を見つけてみませんか?

NPO法人横浜スタンダード推進協議会事務局ホームページ
(別ウィンドウが開きます) http://yokohama-std.web.infoseek.co.jp/
(参加申し込み事前登録用紙もダウンロードできます)

お問い合わせ
シンポジウム運営事務局(株式会社ホットウィル内)
TEL:045-430-3961

=気になる記事の紹介=

◆新型ハイブリッド専用車ホンダ、初公開へ来年、市場投入

ホンダは4日、10月2日にフランスで開幕するパリ国際モーターショーで、2009年に市場投入する新型ハイブリッド専用車「インサイト」の試作車を世界初公開すると発表した。ホンダは10年代初頭にハイブリッド車を年50万台販売する計画で、その“先兵”となる新型専用車の登場に注目が集まっていた。

◆6年ぶりディーゼル車、エクストレイル発売

日産自動車は4日、新型のディーゼルエンジンを搭載したスポーツタイプ多目的車(SUV)「エクストレイル20GT」を18日に発売すると発表した。日産がディーゼル乗用車を販売するのは6年ぶり。ガソリン高で燃費への関心が高まっていることから、ガソリンよりも安い軽油を燃料とするディーゼル車の復活で、販売増につなげたい考え。


第94号

=イベントのご報告=

◆みなとみらいクリーン大作戦

■ 参加者:447名
・一般283名・実行委員134名・学生部隊20名、
・支援センタースタッフ10名
■ ゴミの回収量:合計1275.6kg
・ペットボトル:75.2キロ(昨年集計なし)
・ビン・缶:210キロ(昨年85.9キロ)
・その他:750.1キロ(昨年509.5キロ)
・ビニールシート:210.7キロ(昨年140.5キロ)
・うちわ29.6キロ(昨年18.7キロ)

みなとみらいクリーン代作戦ホームページ
(別ウィンドウが開きます) http://www.npo-c-city-yokohama.jp/jigyou/hanabi/index.html

~参加した社員の感想~

8月2日(日)、神奈川新聞花火大会の後片付けのボランティア活動「みなとみらいクリーン大作戦」に、社内有志8名が参加しました。場所は横浜みなとみらいにある臨港パーク。花火が一番よく見える場所だけに、ゴミの山を覚悟していましたが、ゴミは数箇所に集積され、整然と整理されていました。後から聞いたところでは、花火大会当日に、学生ボランティアによって集積と分別の誘導が行われていたとの事でした。
天気に恵まれ、集まったボランティアは、実に447名にものぼりました。ゴミは一見少ないように見えましたが、それでも昨年よりも増えていることもわかりました。きれいな花火を楽しんだ後は、せっかくの周囲の楽しい気持ちに水を差さないよう、また、善意のボランティアの人たちがいることにも思いを巡らせ、最低限のマナーを心がけて欲しいと感じました。
(営業部:大滝)

=気になる記事の紹介=

近頃、「カーボンオフセット」や「カーボンフットプリント」といった言葉を聞くことが多くなりました。一体どのようなものなのか、ご紹介します。

◆カーボンオフセット とは

直接的な施策によって削減できないCO2(カーボン)を、森林吸収源を守る植林やクリーンエネルギーなどの事業に投資することなどにより、排出した分を相殺(オフセット)する仕組みのこと。市場原理を活用した、自主的な取り組みとして注目されている。国際的なプロジェクトに限らず、個人や企業などでも取り組むことができ、海外では、イギリスやカナダで官民さまざまな主体による取り組みが進んでいる。また、国内では、環境NPO/NGOが市民や自治体への普及啓発を行っているほか、政府は「21世紀環境立国戦略」でカーボンオフセットの検討を明記している。

環境goo
(別ウィンドウが開きます) http://eco.goo.ne.jp/word/energy/S00255.html

◆カーボン・フットプリントとは

「カーボン・フットプリント」とは、人間活動が地球温暖化に及ぼす影響を、二酸化炭素(CO2)の排出量に数値換算した指標のことである。個人の活動、企業による製品・サービスなどが、地球温暖化にどの程度影響を与えているのかを把握するのに用いられる。カーボン・フットプリントの考え方は、自らが排出したCO2を相殺する カーボンオフセット の目安となるものであり、英国を中心に広まっている考え方である。

bp special ECOマネジメント
(別ウィンドウが開きます) http://premium.nikkeibp.co.jp/em/keyword/43/index.shtml


第93号

=イベントのご案内=

◆夏休み親子エコパーク

京急百貨店・上大岡駅にて、廃材を利用した工作や、紙ダンボールを使った遊具など、親子で楽しみながらエコについて考えるイベントが開催されます。

■ 日時:2008年8月18日(月)・19日(火)10時~18時
■ 会場:上大岡駅・京急百貨店7階催事場

◎弊社は、エコスクール工作教室に出展致します。

2日間とも14:30から約50分間、ミニエコラベルブックの作成を通じて、環境にやさしい印刷や、紙と製本について学べる教室を開催します。
各回定員15名、参加費200円です。参加費は、全て「水のふるさと道志の森基金」に寄付されます。お申込みは当日会場にて、午前10時より先着順にて受付になります。
他にも、様々な教室が企画されています。夏休みの思い出に、ご参加をお待ちしています。

詳しくはコチラ↓↓
京急百貨店ホームページ
(別ウィンドウが開きます) http://www.keikyu-depart.com/index01.html

=気になる記事の紹介=

◆東京ガスなど、紙ゴミからバイオ燃料オフィスでリサイクル

東京ガスは東京都環境整備公社と共同で、オフィスから出る紙ゴミなどからバイオ燃料を生産する技術を開発した。特殊な発酵法でメタンガスを作り、悪臭が出ないためオフィス街でも利用できる。今年度中に都内で実証実験を始め、事業所向けに実用化する考えだ。

(別ウィンドウが開きます) http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080804AT2G2900J04082008.html

=夏期休業のご連絡=

2008年8月13日(水)~8月17日(日)の期間中、夏期休業とさせていただきます。
ご繁忙の折、ご迷惑をお掛け致しますがご了承の程宜しくお願い申し上げます。
8月18日(月)より通常通り営業致します。
今後とも宜しくお願い致します。


第92号

=イベントのご案内=

◆みなとみらいクリーン大作戦参加者募集!

みなとみらいは横浜の新しいまち。
新しい企業と新しい住民の暮すまちであるとともに、観光スポットです。
市民・企業が一緒に協力してのまちづくり活動として、クリーン大作戦を今年も行ないます。

■ 日時:2008年8月2日(土)8時~10時
※花火大会翌日
花火大会順延の場合は3日に実施します。
花火大会中止時はクリーン大作戦も中止です。
■ 集合:7時50分臨港パーク南口広場(募集人数350名)
■ 主催:みなとみらいクリーン大作戦実行委員会
(別ウィンドウが開きます) http://www.npo-c-city-yokohama.jp/jigyou/hanabi/

みなとみらいクリーン大作戦は2006年度からスタートし、花火大会でごみの分別の呼びかけと、会場である臨港パークの清掃活動をしてきました。今年も、花火大会後のゴミを集め、分別します。
タオル・帽子・飲み物・着替えをお持ちになり、汚れてもよい服装でご参加下さい。清掃道具等は用意があります。
申込は不要です。7:50に直接現地にお越しください。ご家族づれ、高校生・大学生、企業の社員の皆さんなど 幅広い方のご参加をお待ちしています。

=弊社社会貢献活動のご報告=

◆山下公園清掃活動に参加します!

2008年7月21日(月)6:30から、山下公園清掃活動に参加します。
社団法人横浜中法人会が主催する、横浜開港記念みなと祭「国際花火大会」終了後に行われる清掃活動です。
昨年は、ビニールシートや飲食物のごみなどが多く残されていましたが、参加者のみなさんと協力して清掃することで、2時間ほどで驚くほどきれいになりました。今年も、弊社では本社工場・横浜営業所から社員が参加します。清掃活動の様子も後日ご報告します。


第91号

=イベントのお知らせ=

前回より引き続き、開港5都市連携事業実行委員会様より、イベントのご案内・出航前夜祭のご報告です

つながろうはじめよう開港5都市市民エコアクション
Port Town Festival <ポートタウンフェスティバル>が始まる

初日の6月14日に開催されました基調講演では、有限責任中間法人日本カーボンオフセット代表理事末吉竹次郎様をお迎えし【カーボンオフセットと都市づくり~カーボンオフセットの紹介事例~と題し講演いただきました。また、第二部として「はじめようわたしのできるCO2削減生活」をテーマに環境市民会議が開かれ、社長の大川がコーディネーターを努め横浜・函館・新潟・神戸・長崎の5都市パネリストによるパネルディスカッション、活動宣言を行いました。

1.「開港5都市エコネットワーク」を誕生させ、5都市の市民コラボレーション活動を主導とした地球温暖化防止活動を実現させる。
2.引き続き「開港5都市エコネットワーク」として各都市の市民の皆さんと集う機会を設け、更なる活動の充実を図る。
3.毎年6月14日を「開港5都市市民環境行動の日」として制定するための活動を開始する。
この3つを市民活動宣言とし、21日に行われる5都市市長会議に報告することといたしました。

★・・他にも22日までイベントが目白押しです・・★

【開港5都市5カ国パネル展】

■ 日時:2008年6月14日(土)~22日(日)
■ 会場:横浜赤レンガ倉庫1号館1階、2階展示フロア
■ 会場時間:10:30~18:30

【オランダCOWアート展】

■ 日時:2008年6月22日(日)まで
■ 場所:赤レンガ広場海側スペース

【赤レンガ広場交流イベント】

■ 日時:2008年6月20日(金)~22日(日)
■ 会場:横浜赤レンガ倉庫イベント広場
■ 会場時間:10:00~17:00
※都合によりイベントの内容が変更になる場合がございます。

詳しくは開港5都市連携事業実行委員会
(別ウィンドウが開きます) http://www.yokohamaporttownfestival.jp/

=こんにちは!取り組みご紹介=

社長大川の友人である油藤商事株式会社青山専務のブログをご紹介させていただきます。
現在、廃食油で世界一周を試みているバイオディーゼル・アドベンチャー(別ウィンドウが開きます)http://biodieseladventure.com/japanese/に参加中です。 油藤商事株式会社HPからご覧ください→(別ウィンドウが開きます)http://www.aburatou.co.jp/
個人ができるエコトライアルのひとつとして廃食油をバイオディーゼルに精製する機械を搭載したクルマで世界一周をするプロジェクトに企画・参画されています。
現在ポルトガルに滞在、アフリカ行きの準備中だそうです。ネット環境が悪い中、ブログ更新されています。
軽油に変わる廃食油バイオディーゼルで是非、世界の廃食油の輪を作ってください!
一方、世界のバイオディーゼル燃料の実態をみると、欧州では菜種油、北米及び中南米では大豆油、東南アジアではパーム油やココナッツ油が中心に精製されているようです。
食糧・飼料用農地から燃料用農地、はたまた森林伐採によって生まれるバイオディーゼル燃料農地へ切替することは、食糧の高騰や環境破壊に拍車がかかるのでは・・・バイオ燃料に疑問を投げかけます。
CO2の削減に効果があることは有効なので今後の燃料動向に期待!!します。


サブコンテンツエリアはここからです。
CSR活動