ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。
ここから本文です。

OHKAWA NEWS バックナンバー

OHKAWA NEWS 第111号~第120号


第120号

=セミナー開催のお知らせ=

◆メディア・ユニバーサルデザインセミナー

3,000万人以上の方々が情報の入手にハンディキャップを持っています。 情報を公平に入手できる環境を整え、一人ひとりが主体的に判断し行動できる 成熟した社会を創造するために、「メディア・ユニバーサルデザイン」の考え方が 必要となります。このセミナーではその社会的必要性を解説するとともに、 実際に「文字」や「色」の使い方の工夫を実践している自治体や企業の方を招き、 取り組みの実例を語っていただきます。

■日 時:2009年10月27日(火)14:00~17:00
■会 場:日本印刷会館 2F会議室
■参加費:2名様まで無料
(3名様以上の場合は1名につき2,000円)
■対象者:各産業の業界団体事務局担当者
自治体ユニバーサルデザイン担当者
各企業のCSR・IR担当者
各種学校の担当職員
■内 容:第1部:講演
「メディア・ユニバーサルデザインの必要性」
講師 伊藤裕道氏
特定非営利活動法人メディア・ユニバーサル・デザイン協会 理事長 
第2部:パネルディスカッション
「メディア・ユニバーサルデザインの実践例」
パネラー 
・田中 勉 氏
 浜松市企画部 ユニバーサル社会・男女共同参画推進課 主任 
・桟(かけはし) 豊樹 氏
 サミット株式会社 店舗開発部 マネージャー 
・大川 哲郎
 株式会社 大川印刷 代表取締役社長
コーディネーター 江森 克治 氏
 株式会社 協進印刷 代表取締役
■お問合せ:全日本印刷工業組合連合会
MUD推進プロジェクト担当係/小池様
TEL:03-3552-4571
FAX:03-3552-7727

<ホームページ>
(別ウィンドウが開きます) http://www.aj-pia.or.jp/

=イベント開催のお知らせ=

◆ドキュメンタリー『タクシー・トゥ・ザ・ダークサイド』上映!
ムラット・クルナズさん「奪われた人生~グアンタナモ収容所の真実を語る~

「テロ容疑者」として無実の罪でキューバのグアンタナモ収容所に収容されていたムラット・クルナズさんが初来日し、自らの体験を語ります。劇場未公開映画『タクシー・トゥ・ザ・ダークサイド』の上映と講演を通して、ブッシュ前政権下で起きた人権侵害や、オバマ政権のこれからの課題に迫ります。

■日時:2009年10月25日(土)12:30開場
■会場:発明会館ホール東京都港区虎ノ門2-9-14
■参加費:入場料:一般800円学生500円
(映画の前売券販売はありません)
※事前予約不要
※第二部からでもご参加いただけます。
■内容:第一部:『タクシー・トゥ・ザ・ダークサイド』上映
第二部:ムラット・クルナズさん講演
■お問合せ:社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
TEL:03-3518-6777
FAX:03-3518-6778
E-mail:camp@amnesty.or.jp

<ホームページ>
(別ウィンドウが開きます) http://www.amnesty.or.jp/

=気になるニュースのご紹介=

◆横浜グリーン購入ネットワークが発足

弊社社長大川が副会長を務めております、横浜グリーン購入ネットワークが横浜産業新聞に掲載されました。“やらされ感”のない環境対策や、地域との連携を重視した取り組みが紹介されています。是非ご一読下さい。

↓記事全文はコチラ↓
横浜産業新聞
(別ウィンドウが開きます) http://www.hamabiz.jp/content/view/1496/32/
横浜グリーン購入ネットワーク:
(別ウィンドウが開きます) http://www.y-gpn.org/


第119号

=イベントのお知らせ=

◆開国博Y150ベイサイド市民共催「イベントをエコにするPart2」 エコイベントでCSR

あなたの企業は将来生き残れますか?
環境活動を通じたCSRに取り組もうとされている企業の皆様、これから何か地域貢献ができないかとお考えのあなた、ぜひご参加ください!!

■会場: 横浜赤レンガ倉庫1号館3階ホール
■日時: 2009年9月10日(木)14時~20時
※ 入場無料♪
■展示系プログラム(14:00~20:00)
エコに取り組んでいる企業の活動事例などを紹介します
■ステージ系プログラム(16:00~19:00)
イベントでのエコ実践活動の事例を紹介します
□基調講演:青山裕史氏 (油藤商事㈱ 専務取締役)
□パネルディスカッション
企業としてエコ化に取り組む意義、これからの横浜型地域貢献企業のあり方を議論します。
パネリスト:
近澤弘明氏 (横浜中法人会会長 株式会社近沢レース店 代表取締役)
青山裕史氏 (油藤商事株式会社 専務取締役)
村島和夫氏 (中越パルプ工業株式会社 常務取締役)
中島悠氏  (アースデイ東京 事務局長)
大川哲郎 (株式会社大川印刷 代表取締役)
■お問合せ:横浜のイベントをエコにするネットワーク事務局
TEL:045-489-4767(10:00~17:00 月曜休み)
FAX:045-489-4768
E-mail:econet@yokohama150.jp

<ホームページ>
(別ウィンドウが開きます) http://eco.yokohama150.jp/


第118号

=イベントのお知らせ=

◆クリエイティブシティ国際会議が開催されます

創造都市の新たな方向性と戦略を議論する国際会議を開催します。市民の創造性が人の心を動かし、まちを変える-というコンセプトのもと、新たな都市づくりに向けて、国内外の都市から多様な担い手が横浜に集います。

■日 時:2009年9月4日(金)~9月6日(日)
■プログラム:
9月4日(金)
基調講演「創造性が都市を変える」
パネルディスカッション「社会システムと変革」
9月5日(土)
各分科会
9月6日(日)
パネルディスカッション「首長会議~都市のみらいを語る」
■参加費:一般3,000円 学生2,500円(一部プログラムは無料聴講可)
■会 場:
関内ホール
横浜市開港記念会館
ヨコハマ・クリエイティブシティ・センター
■主 催:横浜クリエイティブシティ国際会議2009実行委員会
横浜市 (公財)横浜市芸術文化振興財団 創造都市横浜推進協議会
■共 催:ブリティッシュ・カウンシル
■お問合せ・お申込み:公式ホームページよりお申込み下さい
(別ウィンドウが開きます) http://www.yaf.or.jp/creativecity/ccic/
■申込締切:8月28日(金)15:00

<ホームページ>
(別ウィンドウが開きます) http://www.yaf.or.jp/creativecity/ccic/

◆第2回地域若者チャレンジ大賞

チャレンジ・コミュニティ・プロジェクトでは、6年前より、地域の課題や新しいことに挑戦しようとする地域の「経営者」と、地域に貢献したい、何かチャレンジたいしたい、という「学生」をつなぐことで、地域を元気にすることに取り組んできました。
第2回地域若者チャレンジ大賞では、地域や企業の課題に取り組み、地域予選を経て選ばれた、「学生」と「経営者」8組が「プロジェクトの成果」「地域への想い」などをプレゼンテーションします。

■日 時:2009年9月19日(土)13:00~18:30
■会 場:ベルサール九段 3階イベントホール @九段下・東京
■プログラム:
■参加費:無料(定員500名)
■主 催:チャレンジ・コミュニティ・プロジェクト
■お問合せ・お申込み:お申込みフォームからお申込み下さい
■申込締切:8月28日(金)15:00

<ホームページ>
(別ウィンドウが開きます) http://www.challenge-community.jp/award/

◆カーボンフットプリント制度説明会

-はじまります。製品の「CO2見える化」-

CFP制度等を通じ低炭素社会作りに向けた今後の展望を模索する観点から、CFP制度をめぐる現状、CFP制度試行事業に関する講演等のみならず、環境問題や企業の社会的責任の分野で活躍する有識者の参加のもと、パネルディスカッションの実施等も予定しております

■日 時:2009年9月14日(月)14:00~16:20
■会 場:日経ホール 
(別ウィンドウが開きます) http://www.nikkei-hall.com/access/index.html
■プログラム:
□平成21年度カーボンフットプリント制度試行事業について
1)CFP制度の背景
2)CFP制度の利用の在り方
□パネルディスカッション
■主 催:社団法人産業環境管理協会
■お申込み:公式ホームページよりお申込み下さい
(別ウィンドウが開きます) https://www.cfp-japan.jp/meeting/meetingMail.php
■定 員:600名
■お問合せ:CFP制度説明会運営事務局 受付/10:00~17:00(平日のみ)
TEL :03-3292-5144 FAX:03-3292-5089
mail: cfp-event@jemai.or.jp

<ホームページ>
(別ウィンドウが開きます) https://www.cfp-japan.jp/event/index.html


第117号

=イベントのご報告=

◆みなとみらいクリーン大作戦 2009

8月2日(日)、みなとみらい臨港パークで開催されたみなとみらいクリーン大作戦2009に参加しました。

■参加者:538名
■ゴミの回収量:
合計 3251.3kg
ペットボトル:109.4Kg
缶・びん:650.4Kg
その他:2105.3Kg
ブルーシート:353.7Kg
うちわ:32.5Kg

みなとみらいクリーン大作戦ホームページ
(別ウィンドウが開きます) http://actionport-yokohama.org/clean/

弊社からは、有志15名が参加しました。当日は雨が降ったり止んだりの天気でしたが、本降りになる前に活動を終える事ができました。今年は花火大会が土曜日だった事もあり、例年よりもごみが多かったようでしたが最後にはすっきり綺麗に片付き、清々しい気持ちになりました。

=気になる記事の紹介=

◆開国博Y150「ヒルサイドエリア」つながりの森が夜間営業開始

よこはま動物園ズーラシアの隣接地区で開催されている開国博Y150「ヒルサイドエリアY150つながりの森」で8月1日から、夜間営業が開始される。
Y150つながりの森は、里山に囲まれた緑豊かな環境で、自然や環境、共生などをテーマに、市民らが企画した「市民創発プロジェクト」が展開されている。1年以上前から公募で集まったメンバーが「自然、環境、共生」をキーワードに、竹を使った国内最大級のパビリオンや屋外広場で対話、参加、体験型のイベントを準備してきた。参加市民は延べ4,800人となる。
会期中の営業時間は、通常9時30分~17時30分だが、8月の毎週土日と9月19日~27日の9日間は、20時30分まで営業時間が延長される。

↓記事全文はコチラ↓
(別ウィンドウが開きます) http://www.hamakei.com/headline/4213/
↓Y150のホームページはコチラ↓

=夏期休業のご連絡=

2009年8月12日(水)~8月16日(日)の期間中、夏期休業とさせていただきます。ご繁忙の折、ご迷惑をお掛け致しますがご了承の程宜しくお願い申し上げます。 8月17日(月)より通常通り営業致します。今後とも宜しくお願い致します。


第116号

=横浜開港150周年企画=

◆“歌謡曲で撮る「横浜」フォトコンテスト”作品募集中

横浜信用金庫 横浜ジェリービーンズ倶楽部では、多くの人に親しまれてきた横浜をテーマとした歌謡曲を題材とした「横浜」の写真を募集しています。課題曲からイメージする「横浜」を写真に撮って応募してください。

■募集作品:課題曲を題材とした「横浜」の写真
■課題曲 :1)ブルー・ライト・ヨコハマ
2)伊勢佐木町ブルース
3)本牧メルヘン
■応募期間:2009年7月9日(木)~8月31日(月)必着
■応募資格:なし
■審査員 :佐藤秀明氏(写真家)
矢部志保氏(写真家)
和田昌樹氏(桜美林大学准教授)
■賞(各曲)
最優秀賞:1点/VISAギフト券5万円
優秀賞:2点/VISAギフト券3万円
佳 作:数点(3曲合計で15点程度を予定)/VISAギフト券3千円
■発 表:2009年9月下旬頃に、入選者の方への通知および横浜信用金庫のホームページ上で発表し、賞品を発送します。入選者の方には入選作品のデータをご提供いただきます。
■応募方法:
応募規定をお読みになり、応募用紙に必要事項をご記入のうえ下記宛先まで郵便または宅配便でお送りください。
■宛 先:「フォトコンテスト/歌謡曲で撮る横浜」事務局(ルーデンス内)
〒220-6008
横浜市西区みなとみらい2-3-1 クイーンズタワーA802
■お問い合せ
「フォトコンテスト/歌謡曲で撮る横浜」事務局(ルーデンス内)
TEL:0120-232-033
事務局開設期間:2009年7月9日~8月31日
13時~18時/土・日・祝日と8月10日~14日を除く
■応募規定・Q&A 、応募用紙はこちらからダウンロード下さい
(別ウィンドウが開きます) http://www.yokoshin.co.jp/jbeans.html

=みなとみらいクリーン大作戦参加者募集!=

市民・企業が一緒に協力してのまちづくり活動として、クリーン大作戦を今年も行ないます。ゴミを分別し、環境にやさしいまちづくりを目指します!ご家族づれ、高校生・大学生、企業の社員の皆様、幅広い方のご参加をお待ちしています。

■日 時:2009年8月2日(日)8:00~10:00
※神奈川新聞花火大会翌日
花火大会順延の場合は3日に実施します
■場 所:臨港パーク
みなとみらい駅から徒歩7分、桜木町駅から徒歩20分
又はバス「パシフィコ横浜展示ホール」下車
■集 合:7:50 臨港パーク 南口広場 (募集人数:400名)
■主 催:みなとみらいクリーン大作戦実行委員会
■内 容:花火大会後のゴミを集め、分別します(一部はリサイクルへ有効活用!)
分別ゴミの一部はNPOの協力を得て、地域作業所へと渡り、障がい者の自立支援へとつながります。 
■持ち物:タオル・帽子・飲み物・着替え  
※汚れてもよい服装でご参加下さい。清掃道具等は用意があります。
■お問合せ:
NPO法人アクションポート横浜(横浜市市民活動支援センター事業)
担当 高城様・土屋様
TEL:045-662-4395
E-mail:y.takajo@actionport-yokohama.org

当日は弊社も活動に参加します。
早朝の清掃活動は、終った後清々しい気持ちになります。
お時間のある方は、是非ご参加下さい。


第115号

=イベントのご案内=

第3回ユニセフのつどい

■日時:2009年7月5日(日)9:00~17:00
■会場:横浜開港記念会館
(別ウィンドウが開きます) http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/
■主催:日本ユニセフ協会神奈川県支部
■内容:
神奈川県内にユニセフ支援の輪を広げる事を目的に「もっと身近に!!国際理解・国際協力」を開催いたします。今回は、ラオスキャンペーンとして、ラオスの文化や自然などのすばらしさを紹介します。 ユニセフやラオスのことが一日でわかるイベントです。
■参加費:無料(定員300名)
■お問合せ・お申込み:
(財)日本ユニセフ協会神奈川県支部
TEL:045-473-1144
FAX:045-473-1143
E-mail:sibu@unicef-kanagawa.jp
(別ウィンドウが開きます) http://www.unicef-kanagawa.jp

=書籍掲載の紹介=

=弊社の取組が「地域CSRが日本を救う」に掲載されました!!

横浜型地域貢献企業の支援事業をテーマにした書籍「地域CSRが日本を救う・地域を愛し地域に愛される企業をめざして」(横浜市立大学影山摩子弥 教授著)に弊社の紹介、代表の大川のインタビューが掲載されました。 「第3章 横浜の長寿企業に訊く」の中で、CSRの取り組みを通し企業の長寿の秘訣が紹介されています。興味のある方は、是非ご一読ください。

[販売・お問い合わせ]
株式会社敬文堂
東京都新宿区早稲田鶴巻町538平成ビル1階
TEL:03-3203-6161
FAX:03-3204-0161
E-mail:info@keibundo.com


第114号

=横浜グリーン購入ネットワーク 設立記念フォーラムのご案内=

◆横浜から広げるグリーン購入の輪

■日時:2009年6月12日(金)14:45~17:15
■会場:はまぎんホールヴィアマーレ
(別ウィンドウが開きます) http://www.yokohama-viamare.or.jp/access.html
■主催:
横浜グリーン購入ネットワーク、グリーン購入ネットワーク、環境省、横浜市
■内容:
現在、地球温暖化対策が必要とされている中で、「グリーン購入」の重要性が高まっています。購入者である市民、製造・販売・購入者である企業・団体の皆さんすべての方が、「グリーン購入」の取組の中で重要な役割を持っています。この取組を横浜で広めていくために、「横浜グリーン購入ネットワーク(横浜GPN)」が設立されます。これを記念してフォーラムを開催しますので、是非ご参加下さい。
□基調講演・パネリスト:枝廣淳子氏(有限会社イーズ代表取締役)
□パネリスト:枝廣淳子氏(有限会社イーズ代表取締役)
影山摩子弥氏(横浜市立大学教授)他
■参加費:無料※事前申込不要。どなたでも参加できます。
■お問合せ:
横浜グリーン購入ネットワーク事務局
TEL045-671-2681(横浜市地球温暖化対策課内)
E-mail0906forum@y-gpn.org
(別ウィンドウが開きます) http://www.y-gpn.org/

=2009夏LRTフォーラム開催のお知らせ=

ヨコハマにはLRTがよく似合う!

■日時:2009年6月20日(土)13:00~16:00
■会場:関東学院大学・関内メディアセンター会議室
(別ウィンドウが開きます) http://univ.kanto-gakuin.ac.jp/modules/media7/index.php?id=81
■主催:横浜にLRTを走らせる会
■内容:
フランスをはじめ、ドイツやアメリカの諸都市でLRT(ライトレールトランジット=次世代型路面電車)の導入が続いていることはよく知られています。日本では富山市で日本初の本格的なLRT、富士ライトレールが開業して成功しています。LRTが”まち”にマッチするのは我がヨコハマではないでしょうか。開港150周年のヨコハマ、環境モデル都市のヨコハマにふさわしいLRTを導入するため大いに議論します。多くの皆さんの参加をお待ちします。
□基調講演
「富山から横浜へ…」笠原勤氏(前富山市副市長)
「横浜にLRTを走らせる会からの提案」古川洋氏(走らせる会副理事長)
□パネルディスカッション
パネラー:
アシャド・バハルディン氏(アジア太平洋都市間協力ネットワーク事業補佐)
大川哲郎(大川印刷代表取締役)
笠原勤氏(前富山市副市長)
古川洋氏(走らせる会副理事長)
コメンテーター:安田八十五氏(関東学院大学経済学部教授)
コーディネーター:宇都宮浄人氏(エコノミスト)
■参加費:資料代500円事前申し込み不要
■お申込み・お問合せ先:
横浜にLRTを走らせる会
〒231-0032横浜市中区不老町3-13-3
TEL090-3801-6142
FAX045-316-2368
メールyokohama-lrt@nifty.com
(別ウィンドウが開きます) http://lrt.cocolog-nifty.com/


第113号

=グリーンEXPOアワード『子供の絵コンテスト』開催のお知らせ=

◆グリーンEXPOアワード『子供の絵コンテスト』では、全国の小学生・幼稚園・保育園児からの絵を大募集!

■応募資格:全国の幼児または小学生
■応募テーマ:
1)ぼくたち・わたしたちの大好きな地球
2)夢のごはん
3)水はどこからやってくる?
■応募方法:A3サイズ画用紙(縦横自由)
1人1作品とさせていただきます。表現方法は自由です。絵の裏に住所・連絡先・保護者名・子どもの氏名・年齢・学年を明記してください。作品は折らず丸めず事務局まで期日までにご郵送ください。応募された作品は全て当日会場に展示します。
※原則として応募作品の返送はいたしかねます。
※主催者の予想を大幅に上回る数の作品が届いた場合、スペースの関係上、全作品を展示できない場合があります。
■締切・発表:2009年6月15日(月)必着
■送付先:〒150-0034
東京都渋谷区代官山町4-1 代官山マンション1003
ジーコンシャス株式会社内 グリーンEXPO運営事務局 子供の絵係
TEL03-5728-2243FAX03-5728-2298
■表彰式:2009年7月5日(日)
■主催:グリーンEXPO実行委員会
(別ウィンドウが開きます) http://greenexpo.jp/2009/05/childspicture/

=東京青年会議所6月例会開催のお知らせ=

◆ビジネスの軸を23.4度傾けろ!~地球環境を軸とした持続可能な社会を求めて~

■日時:2009年6月18日(木)18:00会場18:30開会
■会場:東商ホール東京商工会議所ビル4F
■主催:社団法人東京青年会議所
■内容:
約50億年前、小惑星が衝突したことにより、地球の地軸は23.4度傾き、その結果気候の変化を生み、生命を誕生させ、壮大な景観の美を創り出した。しかし、大量生産、大量消費、成長を最優先する経済偏重型の社会により、環境が破壊され、この素晴らしい地球を失おうとしている。本例会を通じて、地球と共生する新たな社会に向け、企業が地球環境を軸とした経営の第一歩を踏み出す一助になればと思います。
■基調講演・パネリスト:小池百合子氏(衆議院議員)
■スペシャルナレーター:飯島直子氏
■ファシリテーター:森摂氏(雑誌『オルタナ』編集長)
■パネリスト:大塚玲奈氏(株式会社エコトワザ代表取締役)
大川哲郎(株式会社大川印刷代表取締役社長)
■参加費:先着200名無料
■お申込み・お問合せ:
社団法人東京青年会議所事務局
〒102-0093
東京都千代田区平河町2-14-3青年会議所会館2F
TEL03-5276-6161
FAX03-5276-6160
(別ウィンドウが開きます) http://www.tokyo-jc.or.jp/

=2009夏LRTフォーラム開催のお知らせ=

◆ヨコハマにはLRTがよく似合う!

■日時:2009年6月20日(土)13:00~16:00
■会場:関東学院大学・関内メディアセンター会議室
(別ウィンドウが開きます) http://univ.kanto-gakuin.ac.jp/modules/media7/index.php?id=81
■主催:横浜にLRTを走らせる会
■内容:
フランスをはじめ、ドイツやアメリカの諸都市でLRT(ライトレールトランジット=次世代型路面電車)の導入が続いていることはよく知られています。日本では富山市で日本初の本格的なLRT、富士ライトレールが開業して成功しています。LRTが”まち”にマッチするのは我がヨコハマではないでしょうか。開港150周年のヨコハマ、環境モデル都市のヨコハマにふさわしいLRTを導入するため大いに議論します。多くの皆さんの参加をお待ちします。
□基調講演
「富山から横浜へ…」笠原勤氏(前富山市副市長)
「横浜にLRTを走らせる会からの提案」古川洋氏(走らせる会副理事長)
□パネルディスカッション
パネラー:
アシャド・バハルディン氏(アジア太平洋都市間協力ネットワーク事業補佐)
大川哲郎(大川印刷代表取締役)
笠原勤氏(前富山市副市長)
古川洋氏(走らせる会副理事長)
コメンテーター:安田八十五氏(関東学院大学経済学部教授)
コーディネーター:宇都宮浄人氏(エコノミスト)
■参加費:資料代500円事前申し込み不要
■お申込み・お問合せ先:
横浜にLRTを走らせる会
〒231-0032横浜市中区不老町3-13-3
TEL090-3801-6142
FAX045-316-2368
メールyokohama-lrt@nifty.com
(別ウィンドウが開きます) http://lrt.cocolog-nifty.com/


第112号_号外

=イベント開催のお知らせ=

東京ディズニーシーユニバーサルオリエンテーリング2009

■日時:2009年5月30日(土)8:45~18:00
■場所:東京ディズニーシー
■集合:JR京葉線舞浜駅
■参加費:7,000円~8,000円
(チケット代・保険・障がい保障費・その他経費含)
※食事は実費となります
■定員:40名
■締切:5月22日(金)
■主催:NSA(Normalization Sports Association)
NSAとは・・・年齢・性別・障がいの有り無しに関わらず全員が共に楽しめるスポール・レクリエーションを広める活動を通してノーマライゼーション社会に寄与していく団体です。
(別ウィンドウが開きます) http://usa-kame.noblog.net/blog/d/10774715.html
■スケジュール
8:45 JR線舞浜駅集合・受付
9:00 TDSに移動
9:30 開会式
10:00 ユニバーサルオリエンテーリング
各班自由にランチタイム
16:00 交流会
17:40 ユニバーサルオリエンテーリング成果発表会
17:55 閉会式
18:00 解散・自由行動
※解散後は自由行動です。イベントで仲良くなった人たちと自由にパーク内を遊んでください。
※悪天候の場合は、中止することがあります。その場合は、6月27日に延期となります。
■申込先:NSA広報部
以下の必要事項を記入の上、NSA広報部(nsa-staff@teamgear.net)までお送りください。
なお、定員になり次第、締め切りとなりますのでお申し込みは早めにお願いします。

~申し込みフォーマット~

1.基本情報(必ずご記入ください)
  • 氏名:
  • ふりがな:
  • メールアドレス:
  • 携帯電話番号:
  • 障がいの有無:
2.事前アンケート(回答は任意です)
  • (1)配布資料について(該当するものの英字の前に○をつけてください、もしくは該当以外を削除してください。)
  • a.事前に資料のデータ送付を希望する
  • b.点字資料の当日配布を希望する
  • c.拡大資料の当日配布を希望する
  • d.アトラクション言語化資料のデータ送付を希望する
  • (2)当日の配慮について(希望するものの英字の前に○をつけてください、もしくは該当以外を削除してください。複数回答可)
  • a.手話通訳を希望する
  • b.食事介助を希望する
  • c.トイレ介助を希望する
  • d.その他(ご要望がありましたら、お書きください)
  • (3)当日の行動について(該当するものの英字の前に○をつけてください、もしくは該当以外を削除してください。)
  • a.絶叫系アトラクションを中心に行動したい
  • b.ショーなど鑑賞系アトラクションを中心に行動したい
  • c.どちらでもよい

NSAホームページ
(別ウィンドウが開きます) http://usa-kame.noblog.net/blog/d/10774715.html


第112号

=セミナー開催のお知らせ=

◆第19回セミナー開催
「バガスパルプとユーカリパルプのLCI評価」

■日時:2009年5月20日(水)15:00~16:30
■会場:東京都中央区日本橋人形町1-1-17
日本橋社会教育会館講習室(7F)
■主催:NPO法人非木材グリーン協会
■内容:「バガスパルプとユーカリパルプのLCI評価」
植物生育過程、原料並びに製品の輸送、加工時、パルプ製造時の各StateにおけるCO2放出量の比較と、植物生育過程におけるCO2吸収量を比較することにより、どちらがどの程度環境面で優れているかがよく分かります。
■講師:NPO法人非木材グリーン協会
守屋浩氏、門屋卓氏、中島庸佑氏
■参加費:会員2,000円
非会員3,000円
官公庁、マスコミ関係者無料
■お申込み・お問合せ先:
NPO法人非木材グリーン協会
〒103-0016東京都中央区日本橋小網町16-14
INTOKYOビル3F
TEL03-5643-5628
FAX03-5643-5638
(別ウィンドウが開きます) http://www5.ocn.ne.jp/~himoku/index.htm

=気になる記事のご紹介=

◆エコカーワールド2009を横浜赤レンガ倉庫広場で6月6日開催へ

環境省、独立行政法人環境再生保全機構及び横浜市は、平成21年6月7・8日の両日、「横浜みなとみらい21 横浜赤レンガ倉庫広場」などで「エコカーワールド2009」を開催する。会場では低公害車の展示(約80台)や説明及び試乗会(約10台)のほか、自分自身のエコドライブ度がわかるエコドライブシミュレーターの体験、エコドライブの効果を体験できる装置を装着した車両の試乗や展示、次世代自動車ミニシンポジウムの開催、エコドライブの普及啓発などが行われる予定。このイベントは、昭和61年度から毎年6月の環境月間の期間中に開催されていて今回で24回目。横浜市では6回目の開催。

EICNET
(別ウィンドウが開きます) http://www.eic.or.jp/news/?act=view&word=&category=&serial=20670


第111号

=セミナー開催のお知らせ=

◆2009年第1回ヨコハマみらい環境協議会セミナー

『中小企業の生き残り戦略としての環境経営』
地球環境問題への積極的な対応姿勢が問われる時代!

■日時:2009年6月22日(月)14:00~16:30
■会場:横浜情報文化センター大会議室
■主催:特定非営利活動法人ヨコハマみらい環境協議会
■後援:横浜市地球温暖化対策事業本部、横浜市経済観光局
■対象:企業・商工団体関係者、行政関係者、環境団体
■内容:
地球環境の危機は温暖化だけではなく、オゾン層破壊や酸性雨、生物多様性の減少、森林減少、砂漠化、海洋汚染、有害廃棄物の越境移動、開発途上国の環境問題など多岐にわたっております。このような地球温暖化危機に対してその防止に繋がる有効なツールの一つとして環境マネジメントシステムの取り組みがあります。この取組みを企業や行政・民間団体に、さらに広げる必要性が叫ばれております。ここ横浜市においても環境マネジメントシステムを普及するためには、環境マネジメントシステムへのご理解を深めて頂くことが大切と考え、本セミナーを開催することになりました。
■プログラム:
□14:00~14:10
「横浜市の中小企業向け環境EMS取得の支援体制について」
横浜市地球温暖化対策事業本部担当課長吉田肇様
□14:10~15:10
基調講演「中小企業の経営戦略としての環境経営」
横浜市立大学教授・CSRセンター長影山摩子弥様
□15:10~15:20 休憩
□15:20~15:50
KES取組事例の紹介
「グリーン調達基準と中小企業向け環境マネジメントシステムKES」
株式会社ティラドTMS推進室リーダ椎野哲夫様
□15:50~16:20
「KES(Y-ES)の紹介・取得企業の活用状況調査結果(第1回)」
特定非営利活動法人ヨコハマみらい環境協議会 理事栗山典明様
□16:2~16:30 質疑
■お申込み方法:EメールまたはFAXにてお申込みください
メール又はファックスにてお申し込みください。
メールの場合、お名前、部署名、電話番号、人数を明記の上、info@npo-y-es.comに送信下さい。
なお、返信は、定員を超えた場合のみとさせて頂きます。
■お問合せ:
特定非営利活動法人ヨコハマみらい環境協議会事務局
TEL/FAX:045-782-8089
email:info@npo-y-es.com
(別ウィンドウが開きます) http://www.npo-y-es.com/index.html

=環境タウンミーティング開催のお知らせ=

◆イベントをエコにする

■日時:2009年5月13日(水)16:00~18:20
■会場:赤レンガ倉庫1号館3階ホール
■参加:無料
■主催:横浜市地球温暖化対策事業本部
横浜のイベントをエコにするネットワーク
Y150市民参加プラットホーム推進委員会
■内容:
横浜のイベントをエコにするネットワークでは、横浜で開催されるイベントすべてが環境配慮型で行われることを目指した、イベント主催者向けのガイドラインを作成しました。今回の環境タウンミーティングでは、本ガイドラインの概要を報告するとともに、ガイドラインの活用によるCO2削減効果やCO-DO30を実現するためのイベント実施方法などについて、イベント主催者・企画会社、市民と意見交換を行います。
■プログラム:
□横浜のCO-DO30について
阿部守一氏横浜市副市長
□「横浜のイベントをエコにするガイドライン」と事前紹介
大川哲郎横浜のイベントをエコにするネットワーク副会長
高城芳之氏横浜市市民活動支援センター運営委員会事務局職員
□イベントにおけるCO2ダイエット
伊坪徳宏東京都市大学環境情報学部准教授
□意見交換
阿部守一横浜副市長、高城芳之氏、伊坪徳宏准教授に加え、小川巧記氏(開国博Y150総合プロデューサー)を迎え、会場の皆さんと意見交換をします。
コーディネーター:大川哲郎
■お申込み方法:EメールまたはFAXにてお申込みください
代表者のお名前、ご住所、電話番号、参加人数を明記のうえ、環境タウンミーティングご参加の旨ご送信下さい。 Eメールks-ondanka2@city.yokohama.jp
FAX045-641-3490(地球温暖化対策課)
代表者のお名前、ご住所、電話番号、参
■お問合せ:
横浜市地球温暖化対策事業本部環境タウンミーティング担当
TEL045-671-4107
FAX045-641-3490
Eメールks-ondanka@city.yokohama.jp


サブコンテンツエリアはここからです。
CSR活動