ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。
ここから本文です。

OHKAWA NEWS バックナンバー

OHKAWA NEWS 第71号~第80号


第80号

=行方不明の少年発見の報告=

昨年、大川ニュース号外でお知らせしていました、岩田和輝くんは、
1月8日に無事発見保護されましたので、ご報告致します。
捜索に参加された方、お心に留めていただいた皆様、ありがとうございました。

=気になるニュース=

◆セブン&アイ:エコバッグ収益で排出権購入、政府に寄付

セブン&アイ・ホールディングスは、エコバッグの収益の一部で、インドの
風力発電などで生み出される二酸化炭素(CO2)排出権を購入し、政府に寄付
すると発表した。イトーヨーカドー(全国179店)や、東京23区と長野県の
セブン-イレブン(約1150店)など約1500店舗で、9日から新たなエコ
バッグ2種類(300円と350円)を販売し、1枚5円を購入に充てる。

株式会社セブン&アイ・ホールディングス
(別ウィンドウが開きます) http://www.7andi.com/

=福祉寄付金」募金の報告=

12月27日、財団法人神奈川新聞厚生文化事業団へ寄付致しました。
¥1,696
弊社、本社入り口に設置してありました募金箱に集まった金額です。
社会福祉のために役立てていただければ幸いです。
ご来社時に募金頂いた皆様にお礼申し上げます。
ありがとうございました。


第79号_号外

大川ニュースをお読みいただいている皆様
今年一年間お付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。
皆様のお役に立てるよう、継続努力してまいります。
今後ともご指導ご鞭撻の程何卒宜しくお願いします。
さて、昨日号外でお知らせしましたニュースの件、メールを見たお客様から
一斉捜索についての情報を頂きました。また、協力者を募っていることを
再度案内してもらえないかとの依頼がありましたので、再度ご案内致します。
明日12月30日に岩田和輝君の一斉捜索が行われます。
協力者を募っていますので、もしご協力いただける方がいらっしゃいましたら、
私大川までご連絡下さい。詳細をメールにてご説明致します。

連絡先:大川哲郎(おおかわてつお)
ohkawa@ohkawa-inc.co.jp

度々のメールで失礼しました。
どうぞ良いお年をお迎えください。
ありがとうございました。


第79号_号外

=知的障害を持つ中学1年生の男の子が2週間行方不明になっています=

知的障害を持つ中学1年生の男の子が2週間行方不明になっています。
テレビでも取り上げられていたのでご存知かもしれませんが、神奈川方向に
お住まいの方は、下記につきお心に留めていただけると助かります。

神奈川県警ホームページ

岩田和輝(いわた かずき)くん

横浜市都筑区東山田(港北ニュータウン)在住の12歳の男の子が12/6(木)
から行方不明です。
見かけた方は都筑警察署または最寄の交番までお知らせください。

都筑警察署:生活安全課
TEL. 045-949-0110

[特徴 ]
身長:150cm、体重:45kg(今は体重は落ちていると思われます)
髪:スポーツ刈りがのびた感じ
顔のわりに耳が大きい、歩くとき両手を振らず、片方だけの時がある。
以前徘徊して保護された時、口を開けたままだった事がある。
[ 家を出た時の服装 ]
NIKEカーキ色トレーナー・ベージュズボン・黒スニーカー・
addidasウエストバック
22日、緑のトレーナーを着た似た子供の情報があります。
着替えた可能性もあります。
12/24日放送、本テレビの「スッキリ!!」で放送に使われたイラストで多少
イメージが違う部分があります。服のイメージよりも、上記載の特徴を参考に
してください。
[ 所持品 ]
家の鍵、バス定期(小杉~鷺沼)電車(鷺沼~十日市場)アディダス青サイフ
[ 備考 ]
発達障害があり、徘徊時には判断能力が低下していると思われます。
和輝くんはすぐに移動してしまう可能性があります。せっかく目撃情報を
いただいてもその場に居ない状況です。
*お母様より:発達障害という概念にはとらわれないでください。外見上、
障害があると見られたことはなく、スタスタと歩き続けていると思います。
[ 和輝くんをみつけた時の対処方法 ]
発達障害があり、普通に話しかけると 混乱する可能性があります。
まず「岩田かずきくんですか?」と聞いてあげてください。間違いなく
「はい」と答えるそうです。「お母さんが来るまで待っていようね」と言って
あげると「はい」と言って落ち着くそうです。
「お名前は?」とか「どこからきたの?」など考させるものについては混乱する
可能性がありますので避けてください。
もし混乱していたらそのままにして、警察やママが来るまで後ろから付いていて
あげてください。本人が「はい」と答えられるような質問をおねがいします。

=年末年始休業のお知らせ=

12月30日(日)から1月3日(木)まで年末年始休業日とさせて頂きます。
また、12月29日(土)は、午前中のみの営業となります。
休業期間中はご不便をお掛けいたしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
新年は、1月4日(金)より営業致します。
来年もどうぞ宜しくお願い致します。


第79号

=気になるウェブサイト紹介=

◆「日刊 温暖化新聞」

(別ウィンドウが開きます) http://daily-ondanka.com/

「日刊温暖化新聞」は、環境ジャーナリスト・枝廣淳子さんが主宰する、
独立した温暖化コミュニケーションサイトです。
主なコンテンツは、「温暖化ニュース」、「温暖化BASIC」、
「あの人の温暖化論考」、「温暖化FAQ」など、盛りだくさんの内容です。
世界の温暖化ニュースは毎日更新され、まさに「日刊」です。
温暖化の問題が日常のものであると感じます。
ホームページにも書かれていますが、「地球温暖化問題について、深く考え、
行動する人を増やしたい、持続可能な社会の実現に向けて、勇気ある一歩を
踏み出そうとする人たちといっしょに進んでいきたい」という思いが伝わって
きます。

今後コンテンツも増えていく計画との事です。
皆様も是非参考になさって下さい。

=大川印刷2007年を振り返って=

早いもので、2007年もいよいよ年の瀬です。
1年間お世話になり、誠にありがとうございました。
弊社の今年の出来事を振り返ってみたいと思います。

■4月21日・22日 アースデイ東京2007 出展
エコラベルブックの製本体験コーナーで賑わいました。

■6月~9月 クールビズ 実施
省エネの為、エアコン温度を28度に設定し、軽装で業務を行いました。

■8月1日・2日 みなとみらいクリーン大作戦 参加
神奈川新聞花火大会のゴミ分別ナビゲート、清掃活動に協力しました。

■11月9日 創立記念日
127週年目のスタートです。

■12月13日~15日 エコプロダクツ2007 出展
環境展示会 エコプロダクツ2007に出展しました。

イベント参加の他、様々な方からご紹介頂き、多くの出会いがあった1年でした。
今年1年の経験を基に、来年も益々皆様のお役に立てるよう力を尽くして
いきたいと考えています。

=年末年始休業のお知らせ=

12月30日(日)から1月3日(木)まで年末年始休業日とさせて頂きます。
また、12月29日(土)は、午前中のみの営業となります。
休業期間中はご不便をお掛けいたしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
新年は、1月4日(金)より営業致します。
来年もどうぞ宜しくお願い致します。


第78号_号外

=エコプロダクツ2007=

■日時: 2007年12月13日(木)~15日(土)10:00~17:00
■会場: 東京ビッグサイト[東展示場 1・2・3・4・5ホール]
       ※弊社出展ブース番号は 2035、出展場所は東2ホールです

弊社ブースでは、環境への取り組みや、環境配慮型印刷物のご紹介の他、自社製品のご案内も予定しております。

◎ノンVOCインキ、FSC森林認証紙、メディアユニバーサルデザインの紹介
各種パネル展示と共に、営業担当者が詳しくご説明致します。

◎オリジナルカレンダー販売
弊社オリジナルカレンダーを販売します。
デザインが一新された『2008年版セパレートエコカレンダー』
使用後はポストカードになる『森がよろこぶカレンダー』
この機会に是非、現物を手にとってご覧下さい。

印刷についてのご相談やご質問などお気軽にお声掛け下さい。
みなさまにお会いして、直接お話し出来ることを楽しみにしています!

↓詳しくはコチラ↓
エコプロダクツ2007
http://www.eco-pro.com/


第78号

=気になるニュース紹介=

◆2007年ユニバーサル技能五輪国際大会が閉幕

11月14日~21日の8日間にわたって開催された「技能五輪国際大会」。
第39回大会となる今回は、障害者のための国際アビリンピックと併催で、
全体として62の参加国・地域から総勢1,173名もの選手が参加しました。
印刷は、前回の第38回大会でデモンストレーション競技として採用され、
正式競技となった今回は日本を含め9カ国の代表により技能が競われました。
日本代表として出場した鈴木康弘氏は惜しくもメダルを逃したものの、
敢闘賞を受賞し大健闘をしました。

↓記事全文はコチラ↓
ハイデル・ニュース

=エコプロダクツ2007へ出展します=

■日時: 2007年12月13日(木)~15日(土)10:00~17:00
■会場: 東京ビッグサイト[東展示場 1・2・3・4・5ホール]
       ※弊社出展ブース番号は 2035、出展場所は東2ホールです

エコプロダクツ2007は日本最大級の環境展示会です。
弊社ブースでは、環境への取り組みや、環境配慮型印刷物のご紹介の他、
自社製品のご案内も予定しております。
会場へお越しの際は、是非お立ち寄り下さい。
みなさまにお会いして、直接お話し出来ることを楽しみにしています! 

↓詳しくはコチラ↓
エコプロダクツ2007
http://www.eco-pro.com/

=年末年始休業のお知らせ=

12月30日(日)から1月3日(木)まで年末年始休業日とさせて頂きます。
また、12月29日(土)は、午前中のみの営業となります。
休業期間中はご不便をお掛けいたしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。
年末年始に向け、御挨拶用の名刺などのご注文はございませんか?
年末年始は印刷が混み合う見込みですので、お早めにお申しつけ下さいませ。


第77号

=イベント出展のご案内=

◆企業と環境展

日時: 2007年11月20日(火)~12月1日(土)
平日 9:00~21:00 /土・日・祝日 9:00~17:00
会場: 港区立エコプラザ
入場: 無料
主催: みなと環境にやさしい事業者会議

今年のテーマは「対話するCSR」。
受け身のCSRではなく、一方向的なCSRでもなく、互いに刺激しあい
分かち合えるCSRへ。
今年の「企業と環境展」は「対話」をキーワードに、CSR全体の底上げに
つなげられる取組みをめざします。
パネル展示、環境報告書を読む会、シンポジウムなどの他、11月24日(土)と
12月1日(土)の2日間は、「朝市エコバザー」も開催されます。

↓詳しくはコチラ↓
みなと環境にやさしい事業者会議
(別ウィンドウが開きます) http://www.eco-plaza.net/mecc/eco-action2007.html

※弊社は今回、「パネル展」に出展しています。
お近くにお越しの際は、是非お立ち寄り下さいませ。

弊社CSRの取り組みについて、ご意見、ご感想をお寄せいただいた方の中から
抽選で50名様に、オリジナルセパレートエコカレンダーをプレゼント致します。
どしどしご応募下さい!!

◆エコプロダクツ2007

日時: 2007年12月13日(木)~15日(土)10:00~17:00
会場: 東京ビッグサイト[東展示場 1・2・3・4・5ホール]
      ※弊社出展ブース番号は 2035、出展場所は東2ホールです

日本最大級の環境展示会、エコプロダクツ2007へ出展致します。
昨年は572社・団体が出展しました。多くの企業・団体の環境配慮型製品や
サービスなどの様々な情報を収集できる場になることと思います。

↓詳しくはコチラ↓
エコプロダクツ2007
http://www.eco-pro.com/

※弊社では、環境への取り組みや、環境配慮型印刷物のご紹介をさせて頂く
予定です。
ぜひ足をお運び頂き、弊社ブースにもお立ち寄り下さい。

=イベントのご案内=

地産地消、食育をテーマに活動している市民グループ、
かながわハートフル食農サポーターズ様からイベントのご案内です。
中区の達人に学ぶ~日本の食とロハスな小物づくり~
食を大切にし、生活を楽しみ、環境を守るスローな暮らしの講座シリーズです。

◆お正月料理にも役立つ 日本の食の基本 ≪鰹だしづくりを学ぶ≫

中区の日の出町は、食の台所としての歴史があります。今回は、鰹節問屋さん
の協力により、鰹節のだしのとりかたを学びます。

協力:永野鰹節店
日時:11月24日(土)10時~12時
会場:KOBANEX-LAB 京浜急行 日の出町駅から徒歩5分

◆ロハスな小物づくり ≪my箸袋づくり≫

昔の貴重な着物布で、粋なMY箸袋を創ります。

日時:12月1日(土)10時~12時
会場:横浜市開港記念会館 会議室

◆≪豆本づくりに挑戦≫

昔の暮らしや中区の歴史をテーマに、豆本づくりに挑戦します。

日時:2月3日(日)10時~12時
会場:横浜市開港記念会館 会議室

主催:五感で楽しむ食の探検隊
共催:中区区制80周年記念事業
参加費:全講座 各500円
問合せ:090-9397-8727(大場様)

↓お申込みはメールにて↓
to-nanairotoiro@herb.ocn.ne.jp
コチラもご参照下さい
http://sns.yokohama150.jp/blog/blog.php?key=1689


第76号

=気になる記事紹介=

◆心身統合瞑想(めいそう)法がストレスを緩和

1日にわずか20分の瞑想(めいそう)を5日間行うだけで、活力がアップし、
不安やストレスが軽減することが、ストレスホルモン値を測定した米国の
小規模研究で明らかになった。
研究は、大学在学中の中国人学部生40人を、伝統的な東洋(中国)医学
由来のいわゆる心身統合瞑想法群または西欧で人気のリラクゼーション法群
に割り付けて実施した。
その結果、統合瞑想法群では、リラクゼーション法群に比較してストレス
検査の葛藤スコアの改善が顕著で、不安や抑うつ、怒りのレベルが低いこと
が明らかになった。また、統合瞑想法群では、活力レベルが高く、疲労度が
低く、ストレスホルモンのコルチゾール値は大きく減少し、免疫反応性も
向上していた。

↓記事全文はコチラ↓
薬事日報ウェブサイト

=弊社オリジナルカレンダーのご案内=

◆2008年版「セパレートエコカレンダー 」

続々とご注文いただいております。
年末は込み合いますので、お早めにご予約下さい。

弊社ホームページにて詳しくご紹介しております。
http://www.ohkawa-inc.co.jp/


第75号_号外

= 横浜国際フェスタ2007 のお知らせ=

今週末、パシフィコ横浜にて横浜国際フェスタ2007が開催されます。
◆日時:2007年10月27日(土)~28日(日) 10:30~17:00
◆会場:パシフィコ横浜 展示ホール (横浜市西区みなとみらい1-1-1)
◆同時開催:だがしや楽校、もったいないフェスタ
◆おもな内容:
・出展団体・出展企業などによる活動紹介・セミナー
・世界の民芸品・フェアトレードグッズ販売、エスニックフード販売
・横浜市および近郊地域での国際交流・国際協力事例などの紹介
・国際理解企画(ワークショップ、各種アトラクションなど)
・世界のことば広場
・NGO/NPOスクエア(情報相談コーナー、セミナー、パネル展など)

2006年2月南太平洋の島国ツバルは史上最大の洪水の被害に見舞われました。
日本における同国の第一人者、写真家の遠藤秀一氏による、ツバルの美しい
自然や文化などを美しい写真で紹介するとともに、地球温暖化による
海面上昇に起因する洪水被害の実態を報告します。
私たち先進国の贅沢な生活が原因とされる地球温暖化、ライフスタイルを
見直す貴重な機会となります、是非ご参加ください。

↓詳しくはコチラ↓
横浜国際フェスタ2007公式WEB
(別ウィンドウが開きます) http://yokohama-festa.org/

協賛出展企業のパタゴニア様では、ブースで子供に絵を描いてもらい、
後日「パタゴニア横浜・関内」に展示する企画が計画されています。
素敵な絵がたくさん集まると良いですね!
お絵かき用紙として、弊社から印刷用紙の残紙を提供させていただきました。
多くの皆様が楽しい時間を過ごすお手伝いとなれば幸いです。
今週末は、あいにくのお天気となりそうですが、室内開催ですので
雨が降っても楽しめるのではないでしょうか。
お時間のある方は、是非足をお運び下さい。
それでは、良い週末をお過ごし下さい!


第75号_号外

= パタゴニア環境講演会 のお知らせ=

◆日時:2007年10月30日(火)20:30~
◆会場:パタゴニア渋谷店
 〒150-0001  東京都渋谷区神宮前6-16-8
◆定員:80名(要予約)
◆講師:遠藤秀一(NPO法人 Tuvalu Overview 代表理事)
◆内容:『 沈みゆく島国 ツバルからのSOS 』

2006年2月南太平洋の島国ツバルは史上最大の洪水の被害に見舞われました。
日本における同国の第一人者、写真家の遠藤秀一氏による、ツバルの美しい
自然や文化などを美しい写真で紹介するとともに、地球温暖化による
海面上昇に起因する洪水被害の実態を報告します。
私たち先進国の贅沢な生活が原因とされる地球温暖化、ライフスタイルを
見直す貴重な機会となります、是非ご参加ください。

◆問合:パタゴニア日本支社 環境プログラム 中西様
   TEL 0467-23-8961

ツバル国は、9つの珊瑚島(環礁の島)からなる小さな小さな島国で、
地球温暖化による海面上昇に最も脆弱とされています。
NPO法人Tuvalu Overview様は、ツバル国の現状を認識するための環境教育、
エコツーリズム等の啓発活動や、無償援助などのプログラムをコーディネート
する事業などを行っています。
代表の遠藤秀一様は、写真家であり、全国各地で講演会や写真展を通して
ツバルを紹介する活動を続けています。
お時間のある方は、是非足をお運び下さい。

ホームページもご参照下さい
NPO法人 Tuvalu Overview
パタゴニア
(別ウィンドウが開きます) http://www.patagonia.com/


第75号

=GPN500万人で取り組むグリーン購入一斉行動に参加しています=

グリーン購入ネットワーク(GPN)では、グリーン購入を個人レベルに広め、
間近に迫った地球温暖化防止を加速させるために、GPN会員団体の従業員による
「GPN500万人グリーン購入一斉行動」を実施しています。
今回の一斉行動のテーマは「買い物でレジ袋を断る」。
期間は10月1日(月)から10月31日(水) までの1ヶ月間です。
レジ袋は年間約300億枚(1人あたり250枚/年、20.8枚/月)使われていると
言われています。GPN会員500万人が1ヶ月間レジ袋を断ることによって、1億枚
以上のレジ袋を削減することが出来ます。

↓詳しくはコチラ↓
(グリーン購入ネットワーク)
(別ウィンドウが開きます) http://www.gpn.jp/

約500万人(GPN会員3,000団体の従業員数の合計)による、初めての一斉行動です。
弊社社員も、一緒に地球にやさしい活動に取り組んでいきたいと考えています。

=弊社オリジナルカレンダーのご案内=

◆2008年版「セパレートエコカレンダー 」

2008年版はデザインを一新しました。
メディアユニバーサルデザインを取り入れ、
暦部分が2色印刷となりさらに見やすくなりました!

↓詳しくはコチラ↓
http://www.ohkawa-inc.co.jp/
弊社ホームページにて画像と共にご紹介しております。
絵柄・雰囲気など是非ご確認下さいませ。

2008年版「セパレートエコカレンダー 」サンプルが出来上がりました。
是非、現物をご覧下さい。
ご希望の方は、弊社営業までお気軽にお声がけ下さいませ。


第74号

=メディアのご紹介=

◆「防災プロジェクト」がデザインチャンネルで紹介されます

「デザインチャンネル」にて、「防災プロジェクト」の取組みが紹介されます。
「防災プロジェクト」では、弊社も神奈川県や東京造形大学と連携し、
防災安全情報が見られるQRコードを印刷した「ショッピングバッグ」の作成に
協力させて頂きました。
放送は深夜ですが、デザインジャーナリストが編集長をつとめB to Bの視点で
作る硬派なデザイン情報番組です。
ご興味のある方は、是非ご覧になって下さい。

●テレビ東京
●10月5日(金)26:45~27:15放送

参照:NPO法人デザインアソシエーション

◆弊社の取り組みが「トコトンハテナ」で紹介されます

「トコトンハテナ」は、身近な疑問から社会の大問題に迫っていく番組です。
「選挙に当選するのはどんな人?」というテーマで、選挙ポスターを作成する
お手伝いをさせていただきました。
選挙ポスター印刷物作成のポイントや、環境配慮の点で、弊社のコメントも
ちょっぴり放映される予定です。
日曜夜のひとときに、是非ご家族でご覧下さい。

●テレビ東京
●10月14日(日)18:30~19:00放送

参照:「トコトンハテナ」
↓詳しくはコチラ↓
(別ウィンドウが開きます) http://www.tv-tokyo.co.jp/tokoton/

=弊社オリジナルカレンダーのご案内=

◆2008年版「セパレートエコカレンダー 」

●2008年版はデザインを一新しました。
 メディアユニバーサルデザインを取り入れ、暦部分が2色印刷となり
 さらに見やすくなりました!

◆森がよろこぶカレンダー 2008年版

●台座は『山梨県産FSC森林認証材』と『神奈川県産ヒノキ間伐材』をご用意しております。
●暦部分を切り取れば、ポストカードとして利用できます。
●木製スタンドは写真立てやメモホルダーにもどうぞ。

↓詳しくはコチラ↓
http://www.ohkawa-inc.co.jp/ 弊社ホームページにて画像と共にご紹介しております。
絵柄・雰囲気など是非ご確認下さいませ。


第73号(2007.9.18配信)

=イベントのご案内=
◆横浜カーフリーデー2007
 横浜公園など横浜都心臨海部の3カ所で9月22日、「横浜カーフリーデー2007」が開催されます。
 カーフリーデーとは世界中1400以上の都市で開催されているイベントです。クルマを使わない街の暮らしを体験して、エネルギー・環境問題だけではなく、これからの「都市生活のあり方」を考え、街のにぎわい・楽しさ、文化や伝統を大切にする社会をつくろうとする取り組みです。
 横浜カーフリーデーは2004年に始まり、今年は日本大通り、伊勢佐木町一丁目から七丁目までを歩行者に開放します。馬車道通り、入船通りもカーフリーデー協力ゾーンになります。
 会場では多くのイベントが企画されています。
 是非出かけて、横浜をのんびり歩いてみてはいかがでしょうか。

 横浜カーフリーデー推進会

 *株式会社大川印刷は、横浜カーフリーデー2007の協賛団体です*


第72号(2007.9.3配信)

=気になる記事紹介=
◆屋上や壁面緑化で29ヘクタールの「緑」誕生
 ビルやマンションなどの屋上や壁面の緑化で2006年に、東京を中心に少なくともサッカーコート39面分に当たる29.1ヘクタールの「緑」が生まれたことが、国土交通省の調査で1日までに分かった。
 屋上などの緑化は都市部の温度が高くなるヒートアイランド現象の緩和や二酸化炭素などの温室効果ガス削減が期待される。条例で一定規模以上の施設に緑化を義務付けている大都市の自治体などで「順調な伸びを示した」。
 2000年以降の累計は、屋上緑化が160ヘクタール、壁面緑化は10.1ヘクタール。
 最近は緑化にも工夫が凝らされるようになり、05年4月に都内にオープンしたホテルは、立体駐車場などの屋上(約1万7000平方メートル)を緑化し、隣の都市公園と階段でつないで一体化した。

 ↓記事全文はコチラ↓
 (別ウィンドウが開きます)http://eco.nikkei.co.jp/news/article.aspx?id=2007090109049n1
 日経エコロミー

=セパレートエコカレンダーのご案内=
2008年版「セパレートエコカレンダー 」予約受付中!
 毎年ご好評を頂いております、弊社オリジナルカレンダー「セパレートエコカレンダー」2008年版の予約受付を開始しました。2008年版ではデザインを一新し、さらに改良致しました。色の見やすさや文字の読みやすさに配慮した、メディアユニバーサルデザインも取り入れました。カレンダー部分はFSC森林認証紙を使用、台座部分は再生紙を使用します。また、インキはノンVOCインキを使用。シックハウス症候群などの原因と指摘されている揮発性有機化合物を一切含んでいないインキです。

 ●セパレートエコカレンダーへのお名入れ致します 
  ご注文は50部以上、525円にて承っております。
  初回版代サービス、納品時の送料はサービス致します。
  部数により割引も致しますので、ご相談下さい。
 ●オリジナルカレンダーのご注文も承ります。
  価格・部数・納期など、お気軽に弊社営業までご相談下さいませ。


第71号(2007.8.21配信)

●「ユニバーサルデザイン」とは、
 ……年齢や能力に関わりなく、全ての生活者に対して適合するデザインのことです。
●「メディアユニバーサルデザイン」とは、
 ……情報伝達の格差をなくすデザインのことです。

◆メディア ユニバーサル デザインのご提案 その2
 今回は、フォントのユニバーサルデザインについてご紹介致します。
 「フォント」とは、文字の形のことです。フォントにはゴシック体、明朝体など多くの種類があります。使い分けることで、文書の表現力を向上させることができます。
 前回の大川ニュースでは、色の見え方には個人差があると書きましたが、実は文字の見え方にも、同じように個人差があります。たとえば、日本には100万人以上の弱視の方がいると言われています。「弱視」とは、眼鏡などで矯正しても0.3未満しか視力が出ないことです。弱視には、白内障などの目のかすみの症状も含まれます。一般的に白内障は、40歳位から始まり、50歳代で50%、80代90代では100%の方が白内障だと言われています。
 高齢のために文字の見分けが難しくなることは、誰にでも起こることです。また、日本語に慣れていない外国の方も文字の見分けは不得意かも知れません。誰もが分かりやすい表示、間違いの起こりにくい表示が求められています。そこで、文字が見えにくい人にもわかりやすいようにと、新しいフォントが開発されています。松下電器グループと株式会社イワタが共同で開発した「イワタUDフォント」は、視認性・判読性・デザイン性・可読性に配慮して、文字ひとつひとつが分かりやすく作られています。
 文字をUDフォントに変えるだけで、全ての方に見易くなるとは限りませんが、レイアウトなどを工夫するように、文字にも配慮することで、より多くの人に情報を伝えやすいデザインにすることは可能ではないでしょうか。
 表示物や印刷物作成の際は、フォントについても是非検討してみて下さい。

 イワタUDフォントの説明はこちらも参考になさって下さい
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
 (別ウィンドウが開きます)http://www.iwatafont.co.jp/MO_UD/UD_outline.html
 (株式会社イワタ:イワタUDフォントとは)


◆第4回 WFP生徒作文コンクール
 以前当社もイベント時に募金に協力させていただいたことのあるWFP国連世界食糧計画様が実施する作文コンクールの告知をさせていただきます。
 ●第4回 WFP生徒作文コンクール 応募要綱
 ●テーマ 「地球のハラペコを救え。~私の作戦~」
 ●募集期間 2007年6月20日(水)~9月20日(木) 締切日必着
 ●応募資格 小学生部門(小学5、6年生) 中学生部門

 この作文コンクールは、「飢え」を実感する機会が少ない日本の子どもたちも、世界の飢餓状況やWFPの食糧援助活動を学ぶ機会として実施されるものです。

 夏休みのお子さんにすすめてみてはいかがでしょうか。


サブコンテンツエリアはここからです。
CSR活動