ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。
ここから本文です。

エコ配送

現在、わが国では約79,144,087台(軽自動車含む)※の自動車を保有しており、保有台数に伴う環境負荷も増加の一途をたどっています。
弊社では、より環境負荷の少ない圧縮天然ガス自動車やハイブリッドカーを使用しながら、必要に応じたカーシェアリングシステムの導入も推進し、将来に向けた車保有のあり方を視野に入れながら活動しています。
※2011年10月末現在:法人日本自動車登録情報協会調査

カーシェアリング

営業活動には、ハイブリッドカーを使用している他、2004年からカーシェアリングを導入しています。EV社の普及にともない、新たな車保有のあり方として今後、より積極的に活用する一方、公共の交通手段も積極的に活用しながら、より環境負荷の少ない活動を推進していきます。

写真

シェアカーとシェアカー会員証

圧縮天然ガス自動車

2003年から配送車に圧縮天然ガス車を導入しています。圧縮天然ガス車は、ディーゼル車に比べて窒素酸化物の排出量を約5分の1に、一酸化炭素の排出量を約10分の1に低減する他、炭化水素、二酸化炭素などの排出を大幅に削減します。また、車内・社外への騒音・振動も大幅に削減します。

写真

圧縮天然ガス車

コンテナ

段ボールケースの回収や処分に伴う廃棄物削減のためにプラスチックコンテナによる納品を行っています。

写真

プラスチックコンテナ

大川印刷におけるCO2排出量の推移
【グラフの説明】弊社2009年度の二酸化炭素排出量は一ヶ月平均で14,148kgであり、電気使用量の多い8月、9月がピークとなっていることを示す棒グラフ。

(別ウインドウが開きます)図拡大