ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。
ここから本文です。

FSC(登録商標マーク)森林認証紙

間伐作業などにより森林に光を届け、生物や環境を保全する適切な管理が継続的に行われている森林から採取した木材チップを原材料にした用紙が「FSC®森林認証紙」です。世界では1秒間にテニスコート20面分、5,100平方メートルの天然林が消失しています。(ダイヤモンド社「1秒の世界」より)、一方、植林によって緑を取り戻そうとしている面積は、同じくテニスコートにして約5面分。消失スピードの4分の1程度に留まっています。このことからも、不正な森林伐採の防止と適切な森林管理による「森のリサイクル(植林→伐採→出荷・加工→植林…)」による地球環境の悪化の歯止め・改善は急務となっています。

写真

用紙イメージ

大川印刷におけるFSC®森林認証紙の使用

弊社では2004年6月、FSC認証制度のCoC認証を取得し、「FSC®森林認証紙」の活用を推進しています。

※この認証紙を使用した印刷物や製品にはFSC®森林認証紙」の証明となるFSC®認証マークを表記することができます。

写真

上:FSC®認証マークの一例
下:本社・工場、営業所で取得したCoC認証書(SGSHK-CoC-001773)

大川印刷におけるFSC®森林認証紙使用量と仕様割合の推移
【表とグラフの説明】左:使用量の推移を示す棒グラフ 2005年の使用量13,090kgから2008年には232,512kgと増加し、2009年に174,089kgとやや減少しています。右:使用割合を示す円グラフ 2008年は全体使用量の35%にあたる232,512kg、2009年は約26%の174,089kgとやや減少しています。減少の要因として、近年のFSC森林認証紙の需要の高まりが、FSC森林認証紙の入手を困難にしたことがあげられます。

(別ウインドウが開きます)図拡大