ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。
ここから本文です。

無塩素漂白パルプ紙

環境への配慮を考えて、ダイオキシンの発生源となる塩素を使わない「無塩素漂白」という方法を採用して作られた紙を「無塩素漂白パルプ紙」といいます。無塩素漂白系パルプは「ECF」、「TCF」または「Chorine Free」とも呼ばれています。

写真

用紙イメージ

ECF(Elemental Chlorine Free)

パルプ漂白に塩素(Cl2)そのものは使わないが、二酸化塩素などの入った漂白剤は使用します。そのため紙媒体に微量の塩素化合物が残ります。

TCF(Total Chlorine Free)

パルプ漂白に塩素(Cl2)や塩素元素の入った漂白剤は一切使用しません。そのため紙自体に塩素化合物を含みません。酸素(O2)、オゾン(O3)、過酸化水素(H2O2)などの作用で漂白します。

紙に含まれる塩素とダイオキシンの発生

紙の主原料パルプは、製材の残材・間伐材・腐朽材を主体とした木材、近年では、非木材栽培植物や回収古紙などを原料とし、これらの原料をパルプ化する際に漂白を行います。塩素や過酸化水素などの作用とアルカリの力で着色した成分を溶かし出すなど、数種類の薬品を組み合わせて何段階かに分けて少しづつ白くしていく際に生成される塩素化合物が、パルプの中にわずかに残るのため、焼却の段階で焼却炉の温度が300度~400度くらいになると、他の有機物と反応して一部がダイオキシンに変化します。