ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。
ここから本文です。

500円でつなげようNIPPON-第2回 報告

参加企業

  • 株式会社サンオータス
  • ハッスル株式会社

計14団体様から28件のご賛同が得られました。

支援費用合計

14,000円(28件×500円)

支援先様ご紹介とそのプロジェクトの内容

(別ウィンドウが開きます)一般社団法人チャンス・フォー・チルドレン

東日本大震災で被災した子どもたちに対して、塾・予備校・習い事などで利用できる学校外教育バウチャー(CFCクーポン)を提供し、子どもたちが選択肢を広げるための機会を保障することで、その成長を支え、被災地の長期的復興に寄与している団体です。

CFCクーポンは多くの方のご支援・ご協力により2011年12月1日より塾や予備校、習い事など幅広い教育サービスで利用が開始されています。ご協力により、25万円分のCFCクーポンを150名の子どもたちに配布することができた一方で、150名の定員枠に対して、「1700名」を超える利用希望者の応募があり、支援が不足している現状です。1700名の方のうち自宅が全壊となった又は原発被害を受けた人は「1012名」、両親どちらかを亡くされた人は「67名」、両親どちらかが失業された人は「397名」。現在もなお、被災による経済的な理由で、教育機会を得られない子どもたちがたくさんいます。被災地の子ども達学習の機会が少しでも増えるように支援したいと思います。

写真

一般社団法人チャンス・フォー・チルドレンホームページトップ画面

写真

感謝状